レディー

アトピーに重要なのは保湿!肌トラブルごとの対処について

かゆみの基礎知識

スキンケア

アトピー性皮膚炎のつらいところはやっぱりかゆみです。かくと炎症がひどくなるし、かかないとイライラします。日ごろから、アトピー肌の特徴をふまえたケアを心がけて、少しでも症状を軽くすることが大切です。皮膚の表面には角質層という硬い細胞の層があり、その上を皮脂の膜がおおっています。その役目のひとつが、皮膚の外部から体内に侵入しようとする細菌やウィルス、紫外線やアレルゲンなどの刺激物から体を守ることです。もうひとつは、皮膚に含まれる水分を外に逃さないための、バリアの役目です。人間の体が正常に機能するためには、水分が欠かせません。そのため、体のあらゆる細胞には水分が含まれ、それを逃さない工夫がされているのです。

皮膚のもっとも外側である角質層にあるセラミド(角質細胞間脂質)は、細胞と細胞をしっかりつないで、皮膚のバリアを強化しています。また角質細胞の中にあるNMF(天然保湿因子)が、細胞の中に水分をとりこむ役目をしています。「水分補給」アトピー性皮膚炎はすぐに治りにくいからこそ、かゆみを何とかする方法を知りたいものです。(かゆい)をラクにする、アイデアを試してみましょう。かゆくなる原因のひとつ肌が乾燥してしまうことにあります。そのためには日ごろからアトピー肌の方は保湿を心がけ、乾燥してきたら早めに水分で補うことが大切です。顔には、スプレー式のボトルに入った化粧水を利用すると簡単です。いつでもどこでも、シュッと顔に吹きつけられます。旅行用のミニボトルに入れ替えておくと、携帯に便利です。

Copyright© 2015 アトピーに重要なのは保湿!肌トラブルごとの対処についてAll Rights Reserved.